ほうれい線&シワ対策

ほうれい線にはローラー美顔器NG?!エステ理論でほうれい線に対抗

更新日:

シワ・たるみ・・・40を過ぎ、なんだか最近鏡を見るのが怖くなってきていませんか?

年齢的にお肌のことが気になりつつも、なんとなくコスメやサプリなどでやり過ごしてきました。そして気づいた時にはシミやしわが・・・。そろそろ誤魔化しも効かなくなってきて真剣に対策を考えなければ!!と考え始めています。

アンチエイジング、ほうれい線対策なにしていますか?

専業主婦で旦那さんの稼ぎもいい友人は月に1~2回エステに行ってるみたいで、他の子とは肌のつやの違いがはっきりわかるんですよね。エステに通えるお金も時間もある人はいいけれど、そんな余裕はないし。

そんなこと思っていたら友人が美顔器を使い始めてたんです。たしかに美顔器なら家でもできるし、ちょっと高いけどエステに比べたら現実的。「お金」も「手間」も少なく手軽に始められるかもしれないですよね!

私なりに美顔器について調べたことをまとめます。

 

ほうれい線にローラー美顔器はNGだった

家庭用美顔器とは顔を中心にエステやクリニックのようなケアが自宅でできる美容機器です。美顔器と一言で言っても多機能の本格的なものから、電気のいらないお手軽なローラータイプまで様々なものがあります。

最近の家庭用美顔器は1万円台から3万、5万、10万を越すものまでたくさん出ており、機能もクレンジングから表情筋ケアまで様々な機能が1台についています。

 

最も手に入れやすいのがローラー美顔器

「美顔器」と聞いてまず思い浮かぶのは、コロコロ転がすタイプの美顔器商品だと思います。

よく、ドラマやCMのワンシーンなどでパジャマ姿で雑誌など読みながら顔や頬をコロコロ転がしている姿を見かけると思います。あれならお手軽に始められそうですよね。

では、どんな特徴や効果があるのか商品タイプ別に見ていきましょう!

 

ローラー美顔器の特徴

まず、ローラー美顔器は金属(またはプラスチック)でできていて、特殊な形をしたローラーが頬や首筋を挟み込むようにハの字になっています。

 

それをコロコロ転がすと、転がした部分の筋肉や肌がマッサージされ血流が良くなり凝り固まってたセルライトなどをもみほぐすような効果があります。エステティシャンの手の動きを再現している感じですね。

ローラー美顔器の大きな特徴として殆どのものが電源不要で使えること。なのでランニングコストが一切かからず、どこにでも持ち運べ、どこででもケアできるということです。ものによっては防水加工によりお風呂で使えたりします。電気を使わないことにより、全身のケアが可能です。

 

ローラー美顔器はほうれい線を悪化させるかもしれないので注意!

問題はローラータイプの美顔器がほうれい線に効果があるのか?ということですが、あまり効果がありません。

ローラー美顔器は筋肉に刺激を与えたり、マッサージをすることでリンパの流れを良くするので、むくみや小顔、リフトアップには効果が出ることがありますが、やり過ぎには禁物。

特にほうれい線が出ている40代以降の年代の方は、そもそも肌の老化によりターンオーバーが遅くなっている(年齢×1.5日がターンオーバーの目安です!)ので、強くやりすぎると真皮のコラーゲンを傷つけやすくなり、逆にブルドッグのような頬のたるみを促進させてしまうことがあります。注意です!

その他、シミ、ニキビ、シワが深い方もローラー美顔器はおすすめしません。ほうれい線が出ている年代の方は肌への物理的負担が少ない美顔器を使う方がいいということです。

(ローラー美顔器は簡単に言うと若い子向けってことですね・・・)

 

 

 

エステでのほうれい線ケアを参考に家で美顔器を使おう!

ほうれい線やたるみは加齢現象によるものなので、物理的なマッサージや化粧品だけのケアじゃ間に合わないのが現実なんですね。

なのでシワに折り目がついて深いほうれい線ができる前にエステの施術を参考にしながら自宅でできるケアを見つけていきましょう。

まずエステでのほうれい線ケアの手順を見ていきます。どのような施術が行われているのでしょうか?

エステサロンでのほうれい線対策は?

エステサロンでの通常のケアの流れはこちら。

  1. クレンジング・・・まずはクレンジング剤を使って汚れを落とします。
  2. ベースマッサージ・・・マッサージで巡りを良くしリラックス効果を得ます。
  3. オプションマッサージ(ほうれい線ケアなど)・・・オプションメニューにより、悩み別のケアを行います。
  4. フェイスパック・・・美容成分が入ったフェイスパックで美白や保湿ケアなどをします。
  5. フィニッシュケア・・・最後は肌の鎮静を行います。サロンによっては仕上げにUVケアを行ってくれます。

大体、このような流れの内容が多いと思います。

お肌の悩みによってカウンセリングでコースを決め『オプションマッサージ』でカスタマイズしていく形です。ほうれい線ケアであれば、リンパやリフトアップマッサージなどや、機械が導入されている所では超音波やEMSなどが使われます。

こう見てみると、エステでは様々な化粧品を使ってのハンドマッサージによる施術が多いように思います。ここはやはりプロの技術になってくるので私達が真似できないところだと思います。

ただエステでも最近は美顔器による施術も多数導入されていますので、手技ではなく美顔器(機械)の部分なら自宅でもできそうですよね!

エステのオプションでやられている美顔器(機械)による施術は超音波やEMS、クレンジングなどがあります。

 

エステの効果を搭載?電気式の家庭用美顔器

美顔器(機械)を導入しているエステでのメインはRF(ラジオ波)などの超音波による肌の温めケア、筋肉を動かすEMS電流による表情筋マッサージなどが行われています。

RF(ラジオ波)やEMSは最近の電気式美顔器に次々に搭載され始めていますので知ってる方も多いかもしれませんね!

実は最近の美顔器は多種多様で高性能の本格的なものが色々とあります。

もちろん『超音波』や『EMS』も搭載されているものもあります。私も美顔器のこと勉強し始めたときは専門用語がたくさんででよく分かりませんでした。ここでは皆さんと一緒に、『美顔器でよく見るワード』を勉強して行こうと思います!

 

美顔器でよく見かけるワードとその意味

美顔器の専門用語はたくさんあります。全く何を言ってるかわからないものもありますが普通に使われていたりするのでまず意味を知らないと選びようもありません。

 

スチーマー

  • 水を使用した元祖美顔器。
  • 温熱効果により毛穴を柔軟にして黒ずみを改善。
  • マッサージを行えば、たるみやむくみも改善されハリがアップ。
  • 冷却スチームがあれば毛穴の引き締めにも効果的。
  • 水分を角質層の奥まで浸透させ保湿効果で乾燥肌を改善。

 

レーザー美顔器

  • 毛穴を小さくする効果はあるが汚れは取れない。
  • シミを消す効果に優れているが、紫外線に反応しやすいため注意が必要。
  • コラーゲンの生成を促すのでハリが出てシワに効果があるが、施術後はかなり乾燥するので保湿ケアが重要。

 

光エステ

  • IPLやLEDライトを使用した『光フェイシャル』とも呼ばれるエステ技術。
  • シミなどの色素沈着、ハリや弾力などに効果がある。
  • 波長の長い短いによって幅広い効果が得られる。

 

RF(ラジオ波)

  • ラジオ波とも呼ばれる高周波のことで温熱美容の一種。
  • より早く深く広く熱を肌へ伝えることが出来るため引き締めとリフトアップに優れた効果がある。
  • 高周波の中でも『サブマイクロ波』は、より効果が高くクリニックのサーマ美容に近い効果が得られる。

 

EMS

  • 低周波電気刺激によって表情筋に直接アプローチすることで筋肉を鍛え、筋肉が動いて血流が良くなることでコラーゲンが生成されやすい環境を整えハリと弾力のある肌へと導く。
  • リフトアップ効果や脂肪燃焼効果がある。
  • 超音波やローラーは即効性があるものの、継続しないとすぐリフトダウンしてしまうが、EMSは筋肉を鍛えるので持続性が高い。

 

超音波

  • 専用ジェルなどを使いメイクを落とすことで毛穴に詰まった汚れや角質までも取り除くことができ、クレンジング効果がある。
  • 超音波振動が肌のより深くまで伝わることにより、たるみやむくみ、ほうれい線など、ハンドマッサージでは得られない効果がある。
  • 摩擦による温熱効果によりフェイスラインの引き締め効果がある。

 

イオン導入出

  • 肌に付着している成分(化粧や老廃物)をプラスイオン化して『導出(吸い出す)』しれくれるため、クレンジング効果がある。
  • イオン導出のやりすぎは角質を落としすぎるため注意が必要。
  • イオン導入とはマイナスイオンの力で美容成分を浸透させることだが、導入できないものもあるので注意が必要。

 

エレクトロポレーション導入

  • 特殊な電気パルスで皮膚に空洞(穴)を作り美容成分を肌深部まで浸透させる。
  • どんな美容液でも浸透させる力があり、レーザーや光に頼らず改善が可能になってきた。

 

マイクロカレント

  • 微弱電流や生体電流のことで、細胞レベルの修復や筋肉弛緩、鎮痛などの効果が得られる。
  • 美顔器ではなかなか出来なかった目元のケアが出来る。

 

 

 

価格帯別!人気の家庭用美顔器の比較まとめ

では、美顔器っていくらぐらいで買えるものなのか、楽天・Amazon・口コミサイトなどを参考に並べてみました。価格帯と美顔器の特徴を私なりにコメントしてみましたので一緒に見ていきましょう!

 

1万円以下

エステナードソニックROSE

エステナードソニックは超音波系美顔器の一つです。エイジング美容の専門メーカー「エステナード」が開発したロングセラー美顔器です。

超音波によりクレンジングをすることで肌のキメをを整え、美容成分を超音波振動で浸透しやすくします。アンチエイジングしたい方よりも、乾燥やくすみが気になる方向けですね。

価格は美顔器単体では28,000円ですが、定期コースだと初回がこのお値段に!2回目以降は2,980円(税別・送料別)となります。

 

エステナードリフティ

エステナードリフティはソニックROSEと同じメーカー「エステナード」が筋肉の専門家「ライザップ」と共同開発した美顔器です。

EMSという筋肉に直接アプローチできるのが特徴で、加齢により衰えた表情筋を直接ケアしてハリを取り戻すのが目的です。シワやたるみが気になる方向けの美顔器ですね。

 

エステナードリフティもソニックROSEと同じく同じように定期コースで初回9800円。

2回目以降は送料無料で3,980円となります。

 

 

美ルルクラッシィ

美ルルクラッシィは1台で5役こなす複合型美顔器です。主に超音波とイオンの導入出効果により肌のキメを整え乾燥や肌荒れを減らすというのが目的です。

イオン導出ができるので、タンパク汚れ、皮脂汚れ、排ガスなどの肌についた大気汚染物質をイオンの力で導出するので、クレンジング効果が高まります。

エステでも取り入れられているフォトフェイシャル機能(光エステ機能)もついていて年齢肌に対応でしています。

美ルルクラッシィは肌のキメやシミなどが得意ですが、シワやたるみについては少し物足りないかもしれません。

 

本体価格11980円ですが、定期コース申込がおトクな通販申込で購入する美顔器です。2回目以降は送料無料で2,980円(税込)となります。

 

②1~2万円

リボーンプラス

リボーンプラスはTBSテレビのおお様のブランチで紹介されたことがある美顔器です。

リボーンプラスはシワ・たるみが気になる年齢向けの高機能美顔器で、人細胞培養液をベースに作られた美容液と併用することでエイジングケアを行います。EGFなど肌のターンオーバーを整える成分が入ってるとか。

 

美顔器単体で12万円+税と高額ですが定期コースだと初回が7540円(税別)です。

2回目以降は送料無料で9800円(税別)となりますので、ランニングコストとしては月1万円という感じでしょうか。最低12回以上の受け取りが必須ですなので、この点も注意が必要です。

 

 

③2~3万円

ツインエレナイザーPRO2

ツインエレナイザーPRO2はカレによる肌の衰えを感じ始めた人向けの美顔器です。

毛穴の開きやフェイスラインの緩み、肌のごわつき、シミ・ソバカス、くすみなどをまるっと解決できる美顔器です。

イオンクレンジング、イオン導入などの機能に加え、ラジオ波による肌温め機能で引き締め効果も期待できます。ボタンがたくさんあるので、美顔器慣れしている方のほうが使いこなせそうですね。

定期コースではなく、美顔器ジェル付きのセットで25000円です。

 

ララルーチュレジーナ

杉本彩プロデュースの美顔器です。anan、CanCan、美ST、美的、LEE、東京Walkerなどメジャーな女性誌でも紹介されているので知ってる方もいるかも?

EMS機能がつき、5分のシンプルケアをコンセプトにしています。エステナードリフティと似ていますが、ヘッドが小さくLEDによる光エステ機能と高周波やコアパルスがでています。

リベラータというメーカーが販売していて、コンパクト&角度調整できるようになっていて、お肌の手入れに慣れている人向きかなと思います。

美顔器本体は28000円。おトクな定期コースにすると美顔ジェル+美顔器本体で28345円、2回目以降2673円です。

 

 

④3~5万円

トルネードRFローラー

美顔器の大手メーカー「ヤーマン」のRFボーテシリーズの美顔器です。一見ローラータイプの美顔器に見えますが、電気式で、深熱ドレナージュエステをコンセプトに作られています。

エスエティシャンの手技を再現しながら顔だけでなく全身にも使える美顔器です。

ラジオ波により、温めながら転がすことができるので普通のローラー美顔器よりもポカポカ効果が続きます。さらにEMSによるケアもできるので、つまみながら筋肉をグイグイできます。

 

ジェルとセットで42800円です。

 

RFボーテ フォトPlus

こちらも「ヤーマン」の美顔器です。美STなど女性誌にも掲載されているので1度は目にしたことがあるかも?

RFボーテというだけあってラジオ波(RF)がメイン機能。お肌の深部をラジオ波で温めてくれます。コレ以外にイオンクレンジング(イオン導出)や美容成分イオン導入ができ、さらにEMSによる表情筋ケアもできます。

 

初回購入は月37000円、2回目以降はジェルのみで4750円です。

 

⑤5万円以上

NEWA LIFT(ビューテリジェンス)

NEWAリフトは肌の引き締め専用美顔器です。肌の専門家ビューティーインテリジェンスが発売しています。

専用のアップジェルを美顔器の電極の上に載せて電源を入れると「サブマイクロ波」によって深部をしっかり温め引き締め効果につなげます。(サブマイクロ波は美容業界で熱の刺激でコラーゲンを作る線維芽細胞を刺激し、再生させる作用が注目されている機能です。)

NEWAリフトはサブマイクロ波しか機能がない美顔器で、美顔器の全てを引き菱目に費やしています。ほんとにコレしか機能がない!

基本は1回購入で62800円ですが、定期便にすると本体が少し安くなり59300円です。2回目以降ジェルだけお届けになります。

 

トリアスキンエイジングケアレーザー

triaが発売する美顔器で、アメリカのFDA認可を得た唯一の家庭用美顔器です。

美容クリニックでエイジングケアに使われる「フラクショナルレーザー」技術を応用した機能を搭載していてい専用の医薬部外品のジェル(セラム)を使うことで肌を整え若々しく見せる効果を発揮します。

定期コースとかはなく、美顔器本体価格64800円です。トリア・スキン リペアセラムは5900円です。

 

メディリージュクリア

美顔器大手ヤーマン、シーオーメディカル、湘南美容外科が共同開発した美顔器です。美容整形の医院が監修している珍しい美顔器商品ですね。

定期コースの購入になり、初回が美顔器+ジェルで64000円、2回目以降はジェルのみで6300円です。美顔器単品は69800円+送料です。

 

 

美顔器を使う40代として思うこと

40代を超えると、化粧品だけじゃケアしきれない部分がでてきますので、ちょっと勇気が必要ですが、こういった美顔器を使うことも一つの手段としてあっていいと思うんですね。

美顔器は高いものほど機能が高くなるので、予算が許すなら(そして操作ができるなら)高額な美顔器を購入しても良いと思います。

が、大抵の人は初めて美顔器買うって方が多いので、まずは買いやすくて機能がシンプルなものから始めるのがいいのかなと感じます。

 

大事なのは自分の改善したい悩みに合った美顔器を選ぶことだと思います。

 

個人的に初めての美顔器としてオススメなのが、エステナードシリーズの美顔器です。第一に価格的に買いやすいので、家族にも相談しやすい!化粧品を買う感覚で美顔器を自分のものにできるので、気持ち的なリスクも少なめですね。

ソニックROSEとリフティがありますが、シワ・たるみが悩みなら断然リフティがおすすめです。Instagramみるとほうれい線対策に使っているし口コミや評判も良さそう。

 

 

子供は1日に笑う回数が「300~400回」で大人は『15回程度』だそうです。

ビックリですよね!毎日テレビやスマホを相手にして会話もしなければ表情筋は衰えるばかりです。タダでできるけど『ベロアイロン』のようなトレーニングを毎日続けるのは正直面倒中田は一度 エステナードリフティ 公式通販サイト を覗いてみるといいかも。

いまなら使用してもジェル使い切っても30日間全額返金保証してくれるキャンペーンやってるので是非活用してください!

 

 

 

-ほうれい線&シワ対策

Copyright© エステナードリフティ購入の決め手は27歳年上の母のシワでした , 2018 All Rights Reserved.